安斎勇樹
「こだわり」を「とらわれ」にしないために
創造性とは「できない」という感覚にどう向き合うかということと関係しています。安斎さんは、社会の中でさまざまな「学びの仕組み」を実装させている、研究者であり実践者でもあります。
「学ぶ」ということが持つ根源的な力と、「共創」というみなで学びながらつくっていく力について話していただきます。
安斎勇樹
株式会社MIMIGURI 代表取締役Co-CEO
東京大学大学院 情報学環 特任助教

1985年生まれ。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。ウェブメディア「CULTIBASE」編集長。企業経営と研究活動を往復しながら、人と組織の創造性を高めるファシリテーションの方法論について探究している。主な著書に『問いのデザイン:創造的対話のファシリテーション』、『問いかけの作法:チームの魅力と才能を引き出す技術』、『リサーチ・ドリブン・イノベーション』、『ワークショップデザイン論』などがある。
https://mimiguri.co.jp/